最新ネタ5つ
ネタを大雑把に分類
ネタを年月日別に分類
自己紹介
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「スイートルームの宿泊費を払ってくれ!」。北朝鮮の“元帥さま”に、なぜかシンガポールが平身低頭…モランボン楽団もシンガポール入りしたら面白いのにね(^_^;)

アメリカと北朝鮮の首脳会談の開催地が、あのシンガポールと発表され、実際に現地は重々しい厳戒態勢にあるようです。なんでシンガポールなんでしょうね? シンガポールは、世界中を破壊し尽くしたグローバリズム一味残党が集結する、グローバリズムの総本山です。今は大韓民国新羅人のグローバリズム一味どもが幅を利かせている模様。ちなみにシンガポールは北朝鮮以下の一党独裁+会社社会(社会主義とはビミョーに違う”会社社会”。シンガポールは国家ではなく”投資会社”ですから)。「グローバリズムの行き着く先はシンガポール」と言われるほど、ミョウチキリンな”地域”なのです。【参考:北朝鮮本土かベトナムかキューバで首脳会談を行うと予想していたのに…】北朝鮮の最高検察庁代表団がキューバ訪問へ出発。アメリカ軍基地と同居するキューバ現地の実態視察のため? 米朝首脳会談はキューバ開催がありえるかも。 2018.03.13 Tuesday

で、相変わらずなのは北朝鮮歴代独裁者特有の「アイドル意識」です(^_^;)北朝鮮の独裁者は「恐れ多い存在」でもあり「みんなが親しみを持つアイドル」でもあるのです。【参考】北朝鮮における“偉大な指導者”のポジションとは“みんなの人気者”。日本の天皇制とは異なるがソ連のスターリンと同じです。 2012.04.01 Sunday  お仕事が”アイドル”であるからには、自腹を切って海外へお仕事へ行くわけにはいきません。誰かが支払ってくれないと困るのです。そこでこんな突飛な問題が出てきました。

スポニチ2018年6月7日 米朝五つ星会談 シンガポール最高級「カペラホテル」に決定

20180609sponichi.jpg

「誰が三代目の滞在費を支払うの?」…唖然…北朝鮮が払うのが常識でしょ? しかも最高級ホテルのスイートルームを自分で指定しといてさ? 『外貨不足の北朝鮮側が求める宿泊費の負担について、米国務省のナウアート報道官は「米政府が支払うつもりはない」と断言した。金氏が希望するとされている市内中心部の五つ星「フラトンホテル」は、スイートルーム宿泊料が約8000ドル(約65万円)と高額。クリアすべき課題はまだ多い。』…アイドルさまは「俺は仕事で呼ばれた側だぞ。俺様はゲストだぞ」という姿勢を変えないため、シンガポール”政府(=経営陣)”が一部肩代わりを申し出た模様です。

シンガポールがなにゆえそこまで北朝鮮の三代目に配慮するのかは私は解りません。裏で大韓民国特権階層財界が控えているシンガポールなので、実際には大韓民国の連中が支払うことになるのでしょう。シンガポールの”外務大臣(=渉外担当)”一行が急遽ピョンヤン入りして帰国しました。

『労働新聞』2018年6月8日

20180608ro4.jpg

『労働新聞』2018年6月9日 大番頭キム・ヨンナムがシンガポール”外務大臣”を接見。この下の記事ではロシアでのサッカーW杯の開幕式にキム・ヨンナムが臨席する、とデカデカと告示しています。米朝会談絡みでは姿を消していた”北朝鮮の黒幕”ロシアがそろそろ姿を見せ始めましたね。

20180609ro3.jpg

シンガポールの経営陣が北朝鮮を訪問したことが記事になるなんて、めったにありませんし、大番頭がわざわざ会うこともほぼ無いでしょう。かなり重要な目的でやって来たのが垣間見れます。以下、シンガポールから来た一行の動静記事。北朝鮮独裁者の生家を訪問しています。

20180609ro4.jpg

ところで北朝鮮とシンガポールといえば、数年前のガセ記事を私は思い出しました。「モランボン楽団の海外初コンサートがシンガポールで開催される」という、大韓民国経由のガセ!【参考】「モランボン楽団が東南アジアでのコンサートツアーを計画中」とのニュース・・・しかしニュース元は“ガセ超大国”大韓民国の“対北消息筋”・・・あてにしないことですね(^_^;) 2015.02.21 Saturday【参考】「モランボン楽団の東南アジアツアー」などありませんでしたね? しょせんは“ガセ超大国”大韓民国情報機関経由のクソ情報でした。7月27日にモランボン楽団のコンサートがありそうな気がします。 2015.07.23 Thursday 当時の私は一刀両断で否定し、実際にガセだったのですが「なぜシンガポール?」というガセ情報の出所が疑問でした。今回の首脳会談がシンガポールで開催されることに解答が秘められてるような気がします。ひょっとして、今回の首脳会談は3年前の当時、すでに決まっていたのでは? 今回、サプライズでモランボン楽団がシンガポール入りしていたら笑ってしまいますね(^_^;)ちなみに、モランボン楽団もチョンボン楽団も功勲国家合唱団も、ピョンチャン五輪以降は姿を見せていません。何がしかのビッグイベントに備えているのは明白です。

ところで、北朝鮮の歴代独裁者は飛行機を嫌ってきました。ピョンヤンからシンガポールへ行くのならどうしても飛行機でしょ? どうするんだろうと思っていたら、5月初めに自前の飛行機で三代目が中華人民共和国の大連を訪問しましたよね? 「ああ、やっぱり飛行機で行くんやね?」と思ってたのですが、今朝の『労働新聞』がちょっと意味深なのでネタとして出しておきます。米朝首脳会談はいよいよ、あと3日!の時点でこの記事は何なんだ??

『労働新聞』2018年6月9日第1面 ピョンヤン市内にできた超高級海鮮料理屋を三代目夫妻+妹らが視察

20180609ro1.jpg

北朝鮮の新聞の面白さは「独裁者の動静は日付が明らかにされないことが多い」点です。とことんまで秘密主義ですから。この記事にしても、いつ訪問したのか記事にはありません。ビックリしたのは第2面です。見てやって。

20180609ro2.jpg

ひたすら超高級海鮮料理屋のインテリア&生簀を紹介してます(^_^;)独裁者と取り巻きの写真がありません。非常に珍しいパターンなのです。写真の一部を拡大してみましょう。

明らかに和風テイストの場所があるようです(^_^;)誰向け?どんな需要があるわけ?

2018.06.09_page_1_image_0025.jpg

和風だけではなく、中華風や洋風や立食パーティーの場所も用意されています。

2018.06.09_page_1_image_0027.jpg

生簀にいるのはサメです! 北朝鮮はサメの養殖がお得意です。【参考】北朝鮮でもジャンボタニシ!!でも、我が日本とは事情が違いすぎます。食べるために養殖が奨励されています。 2012.03.23 Friday

2018.06.09_page_1_image_0013.jpg

2018.06.09_page_1_image_0014.jpg

サメだらけ! 労働党幹部らの写真は一切無い! ひょっとして、これはアメリカへの何らかの合図かな? 北朝鮮の潜水艦を識別するために、アメリカ軍は潜水艦にあだ名をつけて呼んでいます。その中に「サンオ級」というのがあります。サンオはサメの意味です。武装工作員の送り出しに用いられる北朝鮮の小型潜水艦です。飛行機と見せかけて「潜水艦で既に出発したのでヨロシク!」という合図なのかも? 「神出鬼没」を家訓とする独裁者一族なので、北朝鮮からの直行便でのシンガポール入りは避けるでしょう。シンガポールではどういう状態で三代目とアメリカ大統領トランプが登場するのか注目ですね。

北朝鮮では現在、いつもの過激な反米論調が見事に消えました。1か月ほど反米が消えています。例えば5月初旬にアメリカ国務長官がピョンヤン入りした際の『労働新聞』はこんな感じでした。

『労働新聞』2018年5月10日 三代目がアメリカ国務長官を接見

20180510ro1.jpg

北朝鮮の国民はビックリだったでしょうね。仇敵アメ公の政府関係者とニコやかに握手する”元帥さま”! 長年記事になってなかった中華人民共和国がどんどんニュースに登場するようになったし、南朝鮮の大統領と会談したし…どんなニブい人間でも何がしかの変化を感じ取るはずです。浮足立つ国民を朝鮮労働党は手なずけるべく、予防線を張っていました。同じ日の『労働新聞』の第5面がこれ。片時も手抜かりなく一瞬たりともおろそかにできないのが反帝国主義階級教養だ/復讐する者たちの隊列はこうして育つ/アメリカ帝国主義の爆発物を新たに発見

20180510ro5.jpg

 

大韓民国大統領ムンちゃんと二度目に会った時の紙面=『労働新聞』2018年5月27日

20180527ro.jpg

 

20180527ro2.jpg

しかし、第6面でデカデカと釘を刺しています。この第6面というのは、新聞を広げてみた際に、1面と共に視野に入ります。「帝国主義の思想と文化は侵略と支配の道具」と題した、警戒を呼び掛ける記事。

20180527ro6.jpg

同じ面で、北朝鮮の非核化問題についてのアメリカのマスコミ論調を猛批判。

20180527ro6a.jpg

 

…ところが、これらの記事を最後に、反米感情丸出し記事を自粛してしまいました。北朝鮮らしくないなあ(^_^;)トランプのことを「キチガイのおいぼれ犬」と書き立てていた半年前がウソのようです。反米記事を自粛した代わりに「世界は混迷している」という記事をずっと書き始めるようになりました。そして、アメリカ&大韓民国に代わって”悪役”として登場したのが我が日本なのです(^_^;)

『労働新聞』2018年6月1日  身をわきまえて身を慎め!

20180606ro6a.jpg

『労働新聞』2018年6月6日  日増しに犯罪が増えてる日本社会

20180607ro6a.jpg

『労働新聞』2018年6月6日  竹島強奪に血迷った日本反動どものヒステリックな反応

20180608ro6.jpg

 

『労働新聞』2018年6月6日  醜い売文家どもの天罰に値する悪行…と称して「お仲間」であるはずの朝日新聞の記事を猛批判! 最近の朝日新聞は大韓民国マンセーだからねえ(^_^;) 下の記事は「朝鮮総連代表諸君 我が最高尊厳(=独裁者のこと)を冒とくした日本の新聞社に抗議」。あらあら、愛する朝鮮半島のご主人様たちにお叱りを受けるなんて、プサヨさん涙目ですね(^_^;)

20180609ro6.jpg

「朝日新聞」を筆頭とする日本の左翼連中に「お前らは我が北朝鮮に協力して日本政府を叩かんかい!」とリクエストしているのです。確かに、ノーベル平和賞受賞という一世一代の光栄に預かりたいトランプ&ムンちゃん&習近平は北朝鮮の要求をそのまま鵜呑みにしつつあります。恐らく本当に「朝鮮戦争終戦協定」調印を目指しているようです。黒幕のロシアは高みの見物。そんな中、北朝鮮に対して強硬策を叫んでいるのは(その割には何にもできないのだが)周辺諸国の中で我が日本だけ…もっとも、裏ではいろいろ日本が仕掛けていそうだから、北朝鮮が日本にヒステリックになっているようです。何が起きてるのでしょうか?(^_^;)首相の安倍のピョンヤン訪問が現実化しつつあるのは事実のようですね。

北朝鮮とアメリカの首脳会談がもたらす結末はもう目に見えています。大韓民国大統領のムンちゃんが自分で書いてしまいました。『労働新聞』5月27日の紙面で紹介されたムンちゃんの書置きをどうぞ。

2018-0527-006.jpg

韓半島(=朝鮮半島)の平和と繁栄、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と共に!

…国家保安法違反だし、降伏文書同然ですね(^_^;)南ベトナム同様に大韓民国は早晩に自滅&消滅します。だから日本の安倍ちゃんも北朝鮮との国交正常化を口にしているのでしょうね。

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 北朝鮮 facts about Noth Korea | 21:48 | - | - | - | - |
強力投手陣がフル回転! 得点力が今シーズン一番低いハイデラバードが、リーグNo1の強力投手陣で首位争いを展開中!

今年はIPLを3年ぶりに見ることができ、ブログの更新がままなりません(^_^;) IPLのナイトゲームはインド時間午後8時に始まります。日本時間で午後11時30分。試合が終わるのは日本時間で午前3時以降…パソコン経由で録画もしてますので、その間はパソコンを使えません。どうしてもブログの更新が厳しくなりますね。

IPLは折り返し点の各球団7試合を消化し、後半戦に入りました。現在の順位表は以下の通り。【IPL順位表:日本時間2018年5月2日午後20時現在https://www.iplt20.com/stats/2018

チェンナイが首位キープ中。八百長騒ぎで昨年まで2年間の試合停止処分を受けていたうえ、地元チェンナイで試合ができなくなったため、今シーズン途中から急遽マハラシュトラ州プネを本拠地にして試合しています。かなり不利な条件を跳ね返しているところです。【参考ネタ】インドプロクリケットIPLは今年も波乱のスタート…チェンナイ球団のホームゲームは全部プネへ変更…原因は南インドの大御所俳優ラジニカーント! 2018.04.13 Friday

2位はハイデラバード。元々強豪チームですが、今年は特に「投手王国」としての強さが際立っています。引用した順位表の「for」はチーム合計得点と攻撃over数で「Against」はチーム合計失点と守備over数。「over」は投球数6球のことで、クリケットでは6球投げたら投手は一旦交替します。得点と失点をそれぞれのoverで割ると、チームの特徴が浮かび上がります。それぞれ割った数値に20をかけるとT20での1試合換算得点と1試合換算失点が計算されます。

チーム 1試合平均得点 1試合平均失点

チェンナイ   193.51  182.25

ハイデラバード 151.65  141.38

パンジャブ   169.23  164.68

コルカタ    179.40  177.20

バンガロール  180.70  186.72

ラージスタン  166.56  177.34

ムンバイ    162.33  163.51

デリー     175.35  185.53

ご覧のとおり、2位のハイデラバードは「もっとも得点力が無いのにもっとも平均失点が少ない」という完全な投手王国状態です。得点力の無さも際立ちつつ「得点を与えない」という強力投手陣も際立っています。今年のIPLはどのチームも得点力が高く、180得点しても勝てるかどうか微妙なんだけど、唯一ハイデラバードは150点さえ取れば何とか勝てるわけです。試合中継を見ていても、他のチームならボコボコに打たれて失点するところをハイデラバードは投手陣が見事に防ぎきってしまいます。実際に個人別記録でもハイデラバードの投手王国ぶりが鮮明です。

【IPL投手防御率記録】https://www.iplt20.com/stats/2018/best-bowling-economy クリケットでは「エコノミー」と呼ばれます。失点を登板over数で割ったもの。ハイデラバードは1位、7位、8位、11位、14位、15位、17位…上位20人の中に7人も! ハイデラバードはリーグ屈指のエースであるブブネシュワル・クマール(この表では7位で登場)が今シーズンは怪我でほとんど登板していません…エースの負傷がなければもっと凄い成績になっていたはず(@_@;)

クリケットの投手成績を見る数値には「ドットボール数」というのもあります。「失点しなかった投球数」です。クリケットのT20は球数が最大120球に制限されていますから「失点しないこと」はかなり重要要素。【IPL個人投手ドットボール数】https://www.iplt20.com/stats/2018/most-dot-balls  1位はバンガロールのウメシュ・ヤーダオですが、2位、6位、11位、12位、18位にハイデラバード投手陣が名を連ねます。負傷中のエースのクマールも42個で24位に登場。この6人だけに限っても合計338球、1試合平均42球強も相手の攻撃を封じ込んだ(@_@;)

【IPL個人打点成績】https://www.iplt20.com/stats/2018/most-runs クリケットの打撃記録は打点(得点?)が重視されます。現在はチェンナイのラユールがトップ。※インド英語の表記ルール上「Rayudu」とありますが「ラユードゥ」ではなく「ラユール」と読みます。2位はバンガロールのコヘリ。※これもインド英語の表記ルール上「コーリ」ではなく「コヘリ」と読みます。3位はハイデラバードの新外国人選手ウイリアムソン。

ハイデラバードの選手はウイリアムソン以外いません(^_^;)ようやく26位にマニーシュ・パンデイ、27位にシカル・ダワンが登場します。

ハイデラバードがここまで得点力が落ちたのは、27位に登場するシカル・ダワンの負傷のためです。過去2年間はデイビッド・ウォーナーとシカル・ダワンの2人で大量得点するパターンが確立していましたが、ウォーナーが抜けたうえ、シカル・ダワンは2試合続けて自打球を膝に当てる負傷をし、打撃に精彩を欠いています。ウイリアムソンが攻撃で孤軍奮闘する試合パターンが今シーズンはずっと続いています。相手チーム投手陣からすれば「ウイリアムソンさえ抑えれば大量失点はありえない」ということで気楽。ところが、ハイデラバードはリーグダントツの強力投手陣で相手チーム打線を封じ込む…「打てないハイデラバード」打線にちょこちょこと得点されたのが試合結果に大きく響くわけですね。

クリケットの醍醐味は活発な攻撃力にあります。特にIPLは普通のT20の試合に比べて得点力が格段に高く、その分、試合が面白くなります。今シーズンは特に得点力が向上しており、全チームが6試合を消化した時点で、先攻チームの平均得点は192点もありました。首位チェンナイは今シーズンだけで202点差、205点差を跳ね返して勝った試合があります。普通のT20なら180点も奪われたら勝ち目ありませんけどね(^_^;)そんな打高投低状態の中、ハイデラバードが極端すぎるほどの投手王国で首位争いを演じているのは面白いことです。クリケットの投手戦は普通イライラするものですが、ハイデラバードのように「見事に抑え込む」のはむしろ気持ち良い(*^。^*)「こんなわずかな点差では勝てないだろう」と誰しも思う中、そのわずかな点差を守り切ってしまうのですから! クリケットを10年以上見ておりますが、ハイデラバードのような試合運びも「有り」だなあと今さら実感しております。

…ということで、IPL中継にかじりついているため、しばらくブログの更新はお休みすることになります。今シーズンが終わる6月初めまでお休みするかもしれません。その間に北朝鮮とアメリカの首脳会談もあるでしょう。いろいろネタを揃えておきたいと思います。

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | インドIPL&クリケット IPL&cricket | 20:57 | - | - | - | - |
#北朝鮮三代目#金正恩(キム・ジョンウン)の奥さん#リ・ソルジュが『#労働新聞』で#政界デビューをアピール! 「尊敬するリ・ソルジュ女史」として売り出す模様です。

「北朝鮮は今後は奥さんと妹の関係が政治に影を落とす」と昨日書いたばかりです。【参考ネタ】#北朝鮮の三代目の妹#キム・ヨジョンの“実績アピール”着々…露骨な権力欲アピールに関しては日本女性が見習うべきかもしれません 2018.04.14 Saturday  中華人民共和国をダシにして妹さんのポイント稼ぎが行われた中、今度は奥さんのポイント稼ぎがついにスタート! 朝鮮労働党機関紙『労働新聞』には、初めて、奥さんリ・ソルジュが政治イベントに関与したニュースが大きく報じられました。『労働新聞』2018年4月15日第2面 この面の下の記事。見出しでビックリ。

【記事拡大:見出し】尊敬するリ・ソルジュ女史が党と政府の幹部諸君と共に第31回4月の初春親善芸術祝典に参加した中国芸術団の公演をご観覧

以下、掲載された写真。

「尊敬する」の枕詞が初登場! さらに、独裁者ファミリー限定で認められている”クドいくらいの敬語”まで添えられた! 政界入り&重鎮入りが決定的! 枕詞とは独裁者&ファミリーを称えるためにくっつけられる形容詞のこと。例えば、下線の部分がそれ。

尊敬する最高領導者

敬愛する首領さま

親愛なる将軍さま

めったにつきません。大番頭のキム・ヨンナムにさえありませんし、一族代表として幅を利かせていたファン・ビョンソさえ付きません。それが今回、奥さんには「尊敬する」が付きました。さらに敬語。キム・ヨンナムにはつきません。また、キム・ヨンナム以下のレベルには当然つきません。さらに、昨日書いた通り、奥さんの敬称は昨年から「同志」から「女史」へ格上げされています。奥さんの政界入り確実です。

北朝鮮は三代目独裁者の金正恩(キム・ジョンウン)になって経済絶好調+ロシアからの軍事支援+側近優秀という環境に恵まれて、今やかつてのソ連のような勢いを持っています。中華人民共和国との共同でクーデターを狙ったチャン・ソンテク&キム・ジョンナムを見事に始末できたのが大きかった。縁故主義システムは普通は三代目で急速にしぼむものなんですけど、北朝鮮はこのジンクスを打ち破った状態。今後とも長期安定が予想される…90年代の餓死者3百万人は何だったのかと不思議なほどに変貌しました。しかし、世の中は万事うまくいくものではありません。安泰ゆえに緩みが起きる。これは我が国でも同じ。昨日も書きましたが、今の安倍政権における奥さんの暴走はまさに「安定政権ゆえにたがが緩んだ」典型です。【参考ネタ】奥さんの暴走で長期安定政権崩壊? 首相の安倍は「奥さんをしっかり管理できなかったらこうなる!」という悪いお手本です。 2018.03.17 Saturday 北朝鮮も同じ。奥さん&妹という三代目からすれば大事な身内が「私も政治をやりたいねん! お手伝いしたいねん!」と言い出したら?…結果、本日の記事のような事態が起きるわけです。

社会主義一党独裁国家において、独裁者夫人が政治に口出しして成功した試しはありません。露骨すぎたのはかつてのアルバニア&ルーマニア&東ドイツ&ブルガリアでした。夫婦仲が冷めたうえに奥さんが暴走し、国民をいじめまくる結果をもたらし、政権崩壊の引き金になりました。権力欲に目覚めた妻は必ず夫を出し抜こうとします。女性の権力欲&支配欲は男性の比ではありません。どの夫人も最初こそは「忙しい夫を少しでも手助けしたい」との心からだったはずでしょうけど、部下がペコペコしてお世辞を使ってくれるのが楽しくなって、夫を差し置いて勝手に動くようになり、挙句は政治ポストを要求します…ルーマニアの独裁者チャウシェスクの夫人エレーナなんて本当にその通りの流れでした。おそらくどの国も同じでしょう。社会主義一党独裁国家=一族会社社会。サラリーマンとOLが社内で経験する縁故主義+理不尽が社会全体で行われています。特に、グローバリズムにどっぷり浸った企業は社会主義一党独裁国家よりもひどいシステム&体質になります。大韓民国の企業を見れば解ります。

今後、北朝鮮がアメリカとの首脳会談を無事迎えて、何らかの体制安定保証をとりつけたと仮定します。ますます権力安泰になることで、ますます一族縁故の登用が進みます。ますます奥さんリ・ソルジュ&妹キム・ヨジョンの発言力が増す→優秀な側近を些細なことで失脚させる…という、女性管理職にありがちな「感情的専横」の到来が予見されます。北朝鮮の屋台骨が揺らぐ事態に発展するでしょうね(^_^;) これを解決するには? 昨日も話題にしましたが、三代目が政界を引退して奥さんか妹が政権を握る道しかありません。女性の権力欲&支配欲は行き着くところまで行かなければ満足できませんから(^_^;) 

奥さんリ・ソルジュの政界デビューは大きな変数になります。我が日本が北朝鮮との外交問題を解決する際には、奥さんを懐柔してしまうことを日本の外交筋に強くオススメします。「三代目は奥さんに頭が上がらない」という情報があります。外交カードとして非常に有効です。ただし、外交問題は妹キム・ヨジョンが権限を握りそうな流れ…奥さんを懐柔する前に妹のハードルが生じる!…まったく、外交ではなく「お付き合いでの注意事項」レベルですよ(^_^;) 北朝鮮独裁ファミリー内部の女性同士のライバル心はモランボン楽団ネタよりも面白いことが発生しそうな気がします。

 

【奥さんリ・ソルジュ関連ネタ】

かわいい女の子がいれば甘くなる東アジア大好き倭人どもはまたまた騙される? アイドルと軍隊のジョイントコンサートなんて極東ファシスト国家ならではの光景です。 2013.10.23 Wednesday

“ガセ超大国”大韓民国がまたも大恥! モランボン楽団にリュ・ジナ復帰! これは影武者ですかね? 大韓民国って本当にウソ大量生産のクソッタレな存在ですよね。 2014.04.18 Friday

「北朝鮮には歴代独裁者専属の音楽グループが存在します。「良いスポンサー様」は独裁者しかいないためです。今の三代目は“御用芸能人”を上手く活用する術にかなり長けていると思われます。 2014.04.24 Thursday

「全てのアーティストはモランボン楽団をお手本にせよ!」。 アーティストたちに対するスポンサー様からの要望&方針を伝える全国大会が北朝鮮でありました。芸能人や芸術家は、やっぱりスポンサーさまが全てなのです。 2014.05.21 Wednesday

北朝鮮のモランボン楽団の記事が久しく登場してないのでこの辺で書いておきましょう。アメリカによる北朝鮮サイト徹底破壊のせいで最新映像が入手しにくくなったため過去作を探してみましたm(__)m 2015.01.31 Saturday

朝鮮中央テレビ国際配信映像の粋なはからい、ありがとう! 全国アーティスト大会でのモランボン楽団特別コンサートの録画が放送されましたのでアップしておきます。【続き】 2014.05.24 Saturday

モランボン楽団&チョンボン楽団など北朝鮮関係の記事はロシア語で検索すればいろんな資料が入手できますよ。北朝鮮はロシアべったり路線中。 2015.09.12 Saturday

一気に大量掲載! 北朝鮮の有名どころの音楽ユニットが今年の初登場を終えたのでまとめてみました【その1】 2016.02.23 Tuesday

「自称・北朝鮮ウォッチャー」のみなさんは来年こそ、大韓民国経由のガセ情報を垂れ流してドヤ顔する姿勢をやめてくださいね。 2016.12.31 Saturday

実妹に続き、奥さんも権力志向?歴史上の独裁者ともども、北朝鮮の三代目独裁者も「奥さんには何も言えない独裁者」となるのか?三代目の奥さんの今後の権力掌握動向に注目ですね。 2017.10.29 Sunday

北朝鮮が軍事パレード挙行…本当にやるとは思わなかった(^_^;)ホルホル大韓民国はますます北朝鮮にナメられてるのが一目瞭然。 2018.02.09 Friday

「北朝鮮とアメリカの首脳会談を5月までに開催」と大韓民国情報機関の親分が発表…本当かね?本当だったら大韓民国消滅へますますカウントダウンだね! 2018.03.09 Friday

三代目の中国訪問を労働新聞が大々的に報道。この紙面、見てやって(^_^;)アメリカ大統領との首脳会談はどう報じるのやら?? 2018.03.28 Wednesday

#北朝鮮の三代目の妹#キム・ヨジョンの“実績アピール”着々…露骨な権力欲アピールに関しては日本女性が見習うべきかもしれません 2018.04.14 Saturday

#北朝鮮三代目#金正恩(キム・ジョンウン)の奥さん#リ・ソルジュが『#労働新聞』で#政界デビューをアピール! 「尊敬するリ・ソルジュ女史」として売り出す模様です。 2018.04.15 Sunday

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 北朝鮮 facts about Noth Korea | 12:37 | - | - | - | - |
<<back 1 2 3 4 5 6 7 next>> 273PAGES