最新ネタ5つ
過去ネタ 大雑把に分類
過去ネタ 掲載年月で分類
ネタ主のプロフィール
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
実妹に続き、奥さんも権力志向?歴史上の独裁者ともども、北朝鮮の三代目独裁者も「奥さんには何も言えない独裁者」となるのか?三代目の奥さんの今後の権力掌握動向に注目ですね。

北朝鮮では、三代目独裁者の実妹がついに権力世界に登場しました。

本ブログでは数年前からその兆候をネタにしてきましたが、今回は「三代目の奥さんリ・ソルジュも権力志向になったのではないか」というネタです。

朝鮮労働党機関紙『労働新聞』2017年10月29日

ピョンヤン化粧品という化粧品会社を三代目一行が視察

三代目の背後に奥さんが写真に写っています。おしゃれ柄スーツ姿の女性ね。

20171029.jpg

20171029a.jpg

今回『労働新聞』に公表された写真のほとんどに奥さんが写り込んでいます。

大出世したはずの妹はほとんど写ってません。

2017-10-29-00.jpg

2017-10-29-02.jpg

2017-10-29-03.jpg

2017-10-29-04.jpg

2017-10-29-05.jpg

2017-10-29-06.jpg

2017-10-29-07.jpg

2017-10-29-08.jpg

2017-10-29-10.jpg

2017-10-29-13.jpg

2017-10-29-16.jpg

2017-10-29-23.jpg

2017-10-29-24.jpg

奥さんは元歌手で、北朝鮮の人気音楽グループのモランボン楽団とチョンボン楽団を直接手掛けて、彼女らのファッションやアクセサリーまで直接選んで決めていると言われています。「ファッション」にはうるさい(^_^;)

今回視察したピョンヤン化粧品は「ウナス」というブランドで有名なんだけど、この「ウナス」ブランドも奥さんが直接指揮していると言われています。だから「おしゃれ」。ちょっと写真見てやって。

2017-10-29-18.jpg

2017-10-29-21.jpg

2017-10-29-22.jpg

たいがいの日本人はビックリしちゃうでしょう?(^_^;)

「飢え死にしてる北朝鮮」とはかけ離れた、このオシャレ感覚(^_^;)

大韓民国経由のガセ情報は本当にアテになりません。

ついでながら、北朝鮮では一昨年あたりからパンスト(=パンティストッキング)の生産が本格的にスタートしてます。オシャレなカラーパンストや柄パンストを大量生産してる(^_^;)

北朝鮮はビニールやプラスチックの生産が得意なので、化学繊維であるパンストの生産はお手の物。【過去ネタはこちら】http://honyakuka.jugem.jp/?eid=796

ただただ、デザインとファッション感覚に問題があったわけで…そのデザインとファッションセンスが改善。ピョンヤン在住の特権階層のご婦人がたに配給されてたり海外へ輸出されてたりしてるはず。パンスト生産も奥さんリ・ソルジュが関わってると推測されます。

 

今回のブランド化粧品工場視察の10日前にはリュウォン製靴を三代目一行が視察しています。この時も、妹の姿はほとんど報道されず、奥さんが全面に登場していました。

「リュウォン」は今やスポーツ用品全般のブランド。

当方のミスでこの日の『労働新聞』をダウンロードし逃しましてます(-_-)

写真だけですが、ちょっと見てやって。

20171019-01.jpg

20171019-07.jpg

20171019-09.jpg

20171019-12.jpg

20171019-15.jpg

20171019-16.jpg

20171019-17.jpg

20171019-18.jpg

20171019-19.jpg

20171019-22.jpg

20171019-23.jpg

20171019-26.jpg

20171019-27.jpg

20171019-30.jpg

20171019-31.jpg

20171019-33.jpg

20171019-34.jpg

一番最後の写真の、向かって左側後方に、三代目の実妹キム・ヨジョンが写り込んでいます。圧倒的に奥さんリ・ソルジュの写真が多いでしょ?(^_^;)この時に同行している幹部は上位トップ6〜10に入る幹部たちなのですが、奥さんリ・ソルジュが突出して前面に出てます。

化粧品&スポーツ用品という「おしゃれ」要素の強い分野なので奥さんが全面に登場しただけかもしれませんが、写真でここまで登場するのは「何かの意図がある」と捉えてよろしいでしょう。

本ブログが強調するのは「北朝鮮は非常にわかりやすい」。

「わかりにくい」と思っている人たちは、大韓民国製のガセ北朝鮮情報に振り回されているだけです。世界最悪の大嘘超大国である大韓民国経由の糞情報を真に受ける時点で間違ってます。従軍慰安婦での数々のでっちあげ+「日本海は不当だから韓国東海に改称しよう」なるくそ馬鹿キャンペーンなど、私からすれば「意味不明で、めまいを覚える」のは北朝鮮ではなく大韓民国です。

そんな大嘘つき大韓民国が垂れ流すガセ情報をありがたがって「韓日友好」「韓日軍事同盟」のラッパを吹いて回る倭人の存在は信じられません。何度も言うように「イタいイタい大韓民国と付き合うくらいなら、北朝鮮を抱き込んで仲間にする方がはるかにマシで実利的」なのです。

そういう北朝鮮で、今度は奥さんリ・ソルジュが権力世界に登場する可能性が高いことを我々日本人も念頭に置いておきましょう。北朝鮮を今後抱き込む際に「奥さんを抱き込む」という選択肢ができるかもしれない(^_^;)

社会主義一党独裁国家では、独裁者の奥さんが政治権力を掌握するのはごく普通のことです。もはや地球上に存在しない東ドイツでは書記長ホーネッカーの奥さんがやりたい放題だったし、社会主義時代のルーマニアの独裁者チャウシェスクの奥さんも権力を握ってろくでもないことばかりやってました。もっとも、自称・民主主義国家でも、フィリピン大統領夫人イメルダ・マルコスを筆頭に、旦那の職責を笠に着て好き勝手やってるご夫人が普通に存在してます。

面白いのは、奥さんが政治権力を掌握すると、決まって旦那(=独裁者自身)が奥さんに遠慮する(^_^;)あれはなぜでしょう?奥さんに振り回されて、奥さんが原因で独裁政権が終焉する事例がたくさんありますよね?

地球上から消え去った国である南ベトナム大統領ゴ・ディン・ジエムは、秘密警察長官(=実弟)の奥さんのマリー・アントワネット顔負けの特権階層丸出し発言のせいで暗殺されました。極端なキリスト教化方針に抗議して焼身自殺する仏教僧たちを「単なる人間バーベキュー」「僧侶がバーベキューになったくらい、どうってことない」「輸入した貴重なガソリンを自殺に使うなんて、もったいない」とアメリカのテレビで実弟の奥さんがしゃあしゃあと言ってのけたのが運のつき…キリスト教徒なので仏教徒を毛嫌いしてたし…

女性が政治権力を握るのは実は南アジアでは普通のこと。

【過去ネタはこちら】http://honyakuka.jugem.jp/?eid=303

何とかうまくやってるところからすれば、女性が権力を握るのはさほど問題は無さそう。

ただただ「奥さんとして、旦那とともに権力を掌握する」場合に問題を多々引き起こすみたいです。世界共通ですね。

北朝鮮の三代目も将来的には「奥さんに何も言えない独裁者」となるのか?

今後とも注目です。

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 北朝鮮 | 13:03 | - | - | - | - |
1 2 3 4 5 next>> 61PAGES