最新ネタ5つ
ネタを大雑把に分類
ネタを年月日別に分類
自己紹介
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
”高校野球”という不思議なスポーツの存在…これは野球ではありません。「高校野球」という別の種目です。

20年も前の話になるんですねえ…高校野球甲子園大会の青森県予選で記録されたギャグのようなスコア「122対0」。朝日新聞2018年7月13日 0―122、大敗した球児は今 相手チームへの思い語る 7/13(金) 9:51配信

20180713asahi.jpg

20180713asahi2.jpg

20180713asahi3.jpg

86安打+76盗塁=122得点!こんなの野球ではありません。その昔、エポック社の「野球盤」というゲームがありました。アウトになる確率が低すぎるので平気で1イニングに20点ほど入りました。真面目に9回まで試合をやってたら試合時間は4時間を超えて、120対100みたいな「バスケットボール?」のノリ! 子供だましのゲームでしたねえ…”野球の試合で3桁得点”なんて聞いたら「野球盤じゃあるまいし! 話を盛り過ぎ!」で終ります。しかし、我が日本の高校野球には実在するのです(^_^;)当時の新聞でも大きく報道されました。「高校野球って何なの?」「正々堂々と試合するって何?」を深く考えさせられました。この年の春先に、知り合いのマンバみおさんが日本の高校野球の不気味さを淡々と描いた読み物を書き上げて私に見せてくれてました。肩を壊したエースを無理強いで投げさせて1イニングに40失点もさせてしまいながらも「高校野球は美しい」で締めくくる…我々日本人が普通に接している「高校野球の汗と涙のドラマ」というものを考えさせられていた矢先の、この122点差コールドゲームのニュースだったのです。【参考】マンバみおさんがweb小説『高校野球&甲子園の美学』をアップしました。ご愛読よろしくお願いしますm(__)m 2018.02.03 Saturday web小説『高校野球&甲子園の美学』を公開しました 小説のご案内 my original novels 2018Feb.03

20180713asahi4.jpg

高校野球の大規模な全国大会が継続して開催されることは、野球を真剣にやりたい選手たちにとって大きな励みになります。特にプロ野球を念頭に置いている選手たちは全力を尽くしてきますから、試合が白熱し面白くなります。地方では、高校野球の全国大会は「全国における自県の地位」を推し量るバロメーターとして異常なほど熱くなり、活躍する選手たちは地元のヒーローとなります。ワールドカップサッカーの時のノリが、日本の地方では高校野球を通じて年に2回ある!とお考えください。都会の人には理解できないノリだと思いますけど。単なる娯楽ではなくなっています。注目度が高いからマスコミがこぞって地方予選からフル中継します。特に地方局ね。全国ネットの代名詞であるNHKが一日中高校野球中継を垂れ流す(?)のも、地方での需要と要請が高いためです。民放だとCMが入って鬱陶しいし。昔はお昼のニュースの時間と7時のニュースの時間は中継が切られていたのですけど、いつの間にか教育テレビとの連携による完全中継が定着していますよね。

だから、高校野球に関するマスコミ報道を見れば日本人の発想と行動パターンがよく解ります。特に地方在住の保守的な方々の発想と行動パターンね。「どうして、こんなことをいちいち批判するのか?」「なぜ、こんなことを美談に仕立てるのか?」…読者があってこその記事、スポンサーがいてこその記事なのですよ(^_^;)その記事を望む声があるから記事になるのです。例えば、同じ日に、同じ朝日新聞系列の日刊スポーツが掲載した記事も意味深ですよ。こんなしょうもないことが”珍事”として扱われます。【参考記事:日刊スポーツ2018年7月13日】審判員困惑よそに珍事、革靴スカート女子部員が伝令 7/12(木) 4:56配信

20180713nikkan.jpg

そういう意味で考えると、20年後の今さらになって、あの122対0というクソみたいな試合を取り上げて美談にする意図は何なのか? どういう需要があるのか?…高校野球の報道は「マスコミとどうつきあえばよいのか」を考える格好の材料です。

同時に、我々日本人の心の奥に秘められた「美的感覚」と直面するネタでもあります。好き勝手に感想を書き込んで共有できるネット時代だけに、この122対0の試合をネタにしながら改めて「我々日本人が心の中で描く”美しさ”とか”理想”って何なんだろう」と突き詰めて考えることをお奨めします。「我々日本人の描く”美しさ”は意外に残酷でエグい。外国人には絶対に理解不能」という答えに行き着くはずです(^_^;)それをヨシとすべきかダメとすべきかは個人の判断でしかありませんし、ケースバイケースでしょうね。ただただ言えることは「高校野球は単なる野球ではありません」。”日本人の暗黙のルール”が適用される、野球をベースにした特殊なビッグイベントです。

 

【高校野球に関連する記事】

高校野球甲子園大会の審判は急かすだけが仕事ではない! デイリーのサイトでアマ球界の大御所審判の美談が紹介されました。年配者は親心で若者たちをしっかり励まさねばなりません! 2015.05.19 Tuesday

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 日本:芸能&スポーツ&サブカルチャー subculture in Japan | 22:10 | - | - | - | - |
アンチヒーローがヒーローに!世の中って案外こんなもんです。「人間、諦めが肝心」と言われてますけど「意地で頑張って結果を見せる」ことが一番なのです。

このニュースはびっくり! ヤフー=日刊スポーツ2018年6月25日 松坂「1位になってビックリ」も「早く復帰したい」 6/25(月) 16:00配信 

20180625nikkan.jpg

松坂大輔…去年までの過去3年間、ソフトバンクから総額12億円ももらいながら一軍出場さえほとんど無く”プロ・キャッチボーラー”とか”プロ・リハビリ選手”と揶揄されていました。ところが! 今年は中日ドラゴンズに入るや、期待を裏切って(?)なかなかの好投を見せ、オールスターゲームのセリーグ先発投手部門人気投票でダントツ一位獲得! 極端すぎませんかね?(^_^;)…世論の流れもそうですが、本人の成績も(^_^;)「もはや現役選手生活は絶望的な状況」と言われていた松坂が現役選手として活躍しているのは驚きに値します。

一方、こちらはサッカー日本代表の本田圭祐。ヤフー=J-CAST2018年6月25日 セネガル戦で同点弾! 「本田に土下座する」スレッドが5ちゃんねるに乱立 6/25(月) 7:55配信

20180625j-cast.jpg

20180625j-cast1.jpg

20180625j-cast2.jpg

これも極端すぎませんかね?(^_^;)代表監督ハリルホジッチの更迭を巡って”裏で政治力を発揮した”と目されています。おそらく事実でしょう。「俺たちのサッカー」を標榜してさんざん期待を裏切ってきた主役で、今回も懲りもせず「俺たちのサッカー」がどうのこうのと…「今回のW杯もグループリーグ全敗だな」との予想が支配的でした。ところが! W杯の初戦でコーナーキックからの1アシストで勝利に貢献し、第2戦では途中出場から起死回生の同点ゴール! おかげで日本代表は現在1勝1分けでグループリーグ首位!ダークな評価が一変し絶賛の嵐!

この選手については私は個人的に今回のW杯に絶対必要だと思っていました。かつてロシアのプロサッカーリーグで大活躍して世界が注目した経歴があります。しかもモスクワのチェスカ!…ソ連時代からソビエト共産党にエコヒイキされた歴史を持つ、ロシア全土からも注目度が異常に高い球団…謎だらけのロシアで、しかも首都モスクワの超人気チームでプロサッカー選手として大活躍していたなんて、W杯がロシアで開催される今なら経験が生きます。「ロシアでサッカーをやること」について選手にアドバイスできる。もっとも、かつて大活躍した懐かしいロシアを舞台に人生大一番のサッカーをすることになって、本人自身がノリノリの状態?

要は「結果が全て」! 「目に見える結果で周囲を黙らせなければいけない」!ってこと。この2人は元々ずば抜けた能力のスーパースター選手です。体力的な衰え+スランプから評価がガタ落ちし、周囲にアンチを大量生産してしまったことも似ています。そもそもの実力は並以上…再証明されて再評価された、というところ。極端すぎる評価の変遷ではありますけど(^_^;)

我が日本では「実績でアピールする」「目に見える結果を残す」ことが大事であることが痛いほど解ります。口だけ番長ではダメ。言い訳タラタラではダメ。我が道を行くからには結果を残して周囲を納得させる! 我々一般の平凡な日本人も同じことではないでしょうか。さあ、みなさん、我々も我々なりに「実績でアピールする」「目に見える結果を残す」よう、毎日を頑張りましょう!

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 日本:芸能&スポーツ&サブカルチャー subculture in Japan | 13:14 | - | - | - | - |
#ロサンゼルス・エンゼルス#大谷翔平が#4打数3安打1本塁打…#オープン戦の#無残な成績は#フェイクだったのかい?(^_^;)

FullCount=ヤフー 2018年4月4日【MLB】大谷翔平が圧巻の初本塁打&3安打 指揮官絶賛「実力発揮」、5日もDH起用明言

正直言います。大谷の開幕メジャー入りが決まった時に「スポンサーの圧力でメジャー入りかあ!」と鼻で笑っていました。5月にはマイナー行きだろう。どんな無残な成績になるんだろうと…オープン戦13打数1安打、投手として防御率27.00…ダメダメですよ。ところが!

メジャー初打席は初安打、メジャー初登板は6回3安打3失点で初勝利、今日は本塁打+猛打賞…初登板の投球は「3失点」ですが、この選手はいつも出だしで連打されて後は抑え込むパターンなので「平常運転」。イチローを見慣れていてイチローみたいな選手はもう出て来ないだろうと思いきや、イチローとは別のタイプの選手がこうして登場…本物の怪物選手かも(@_@;)

日本プロ野球は野茂英雄のアメリカ大リーグでの大活躍に刺激されて、また、その高額オファーが選手たちの魅力ともなり、日本プロ野球のスーパースターがほとんど全員流出してしまいました。しかしながら日本では無双の活躍をしていたのに渡米後は並の選手以下になるパターンがほとんど。「また大リーグ行って潰されるのか」みたいな”呆れた感情”があります。イチローは例外中の例外ですよね。日本で5年連続防御率1点台のダルビッシュ、公式戦30連勝の田中マー君でさえ「その程度?」という状態…本人たちに失礼な感想と知りつつも、日本での記録が尋常でないレベルゆえm(__)m あれだけ日本で大活躍しても渡米すれば壁がある。だから今回の大谷も「かなり苦しむよ」と思ってました。特に二刀流ですからね。 

そもそも日本のプロ野球で戦前のような二刀流選手が誕生するわけない、と思ってましたもんね。二刀流が当たり前のクリケット選手になってインドで活躍する方が本人のずば抜けた能力にピッタリだとさえ思ってました。【参考ネタ】いずれ「打者か投手かハッキリしろ!」と言われるのが目に見えてます。野球にこだわらず“日本初のプロクリケット選手”になって欲しい選手ですね。 2014.08.21 Thursday クリケットに関しては、広島カープで活躍した木村尚吾がクリケット日本代表に選ばれてやる気満々という面白い展開になりましたけど(^_^;)【参考】#Team #Japan #T-20 #cricketer Shogo Kimura hai purv pro-baseball khiladi 2018.03.24 Saturday

日本の元プロ野球選手がインドのプロクリケット選手を目指す時代が到来!将来は日本人クリケット選手の育成をお願いしますm(__)m 2018.01.24 Wednesday

公式戦でド派手なデビューを飾ったので、これからはちょっと調子を崩せば辛辣な評価になります。もし今年一年大活躍できれば来年からは「物足りない」などと贅沢な注文をマスコミが言い出すことでしょう。プロスポーツ選手の宿命(^_^;)このまま日本でやってた通りの型破りの規格外の実力を見せて欲しいところです。日本でいた時以上の活躍だったらなおヨロシイ(*^。^*)

 

【大谷翔平関連ネタ】

いずれ「打者か投手かハッキリしろ!」と言われるのが目に見えてます。野球にこだわらず“日本初のプロクリケット選手”になって欲しい選手ですね。 2014.08.21 Thursday 

 

【クリケット関連ネタ】

インドIPL&クリケット IPL&cricket

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 日本:芸能&スポーツ&サブカルチャー subculture in Japan | 21:35 | - | - | - | - |
1 2 3 4 5 next>> 11PAGES