最新ネタ5つ
過去ネタ 大雑把に分類
過去ネタ 掲載年月で分類
ネタ主のプロフィール
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大韓民国の反日侮日の資金源はこいつら「在米韓国人」。こいつらを温存+支援して利用するのがアメリカの対日外交戦略です。

来年あるかないかの国家のくせに、相変わらず糞くだらない反日侮日ですね(ー_ー)!!

「死ね」としか言いようが無い!

産経新聞2017年10月15日

ニューヨークの在米韓国人たちがいわゆる「少女像」設置

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000047-san-n_ame

馬鹿につける薬はありません(ー_ー)!!

 

とりあえず大韓民国政府が言い訳するならば

・大韓民国本土ではない

・在米韓国人が勝手にやった

・民主国家として個人の意思は止められない

…と来るんでしょうけど、大韓民国の場合は在外韓国人にも国籍を付与してますので「なんで国がしっかり管理できてないんだ?」と返り討ちに遭うのですね。

今の韓国が「無政府状態」である証。

野球のWBCでの歴代の韓国戦はアメリカでの試合が多々ありましたが、あの時の在米韓国人どもの試合中の嫌がらせは我々日本人は忘れていませんよね? あんな雰囲気になれば、大韓民国スポーツバカ選手たちも調子こいて、マウンドに旗を立てたり、ボールをぶつけてきたりと、幼稚な行動で「チョッパリのくそったれ!」という意思表示をするわけです。

以前にも書きましたが、これら在米韓国人は「コリアン・コネクション」と呼ばれ、アメリカの政治工作機関と密接に結びついています。つまるところ、アメ公が在米韓国人の反日侮日行動に”お墨付き”を与えているのです。

【コリアン・コネクションについてのネタはこちら】

http://honyakuka.jugem.jp/?eid=634

http://honyakuka.jugem.jp/?eid=636

http://honyakuka.jugem.jp/?eid=786

「日米同盟なのに?」

「アメリカは日本の味方じゃん?」

…そんな素直な発想を持てる”倭人”が多いことにビックリ(-_-)

アメリカにすれば、太平洋戦争でアメリカ史上最大の戦死者を出した末に占領した日本を手放すわけにはいかないだけです。そして、あれだけのアメリカ人がやられてしまったという日本人への恐怖心があります。そして、日本の人口が多すぎるため、プエルトリコやパナマのような露骨な「傀儡政府化」ができないという事情もあります。

そこで、我が日本をさっさと独立させて自治させ、ただし「アメリカ軍が守ってやる」という建前で米軍は日本に駐留する権利を確保した…のがこれまでの流れです。

アメ公の本音は「日本人はおとなしくアメリカの言うとおりにしてくれ!」。

実際の話、1972年にアメリカと中華人民共和国が初の首脳会談を持った際、中国共産党から「なぜアメリカ軍は日本に駐留するのか。アジア最大の不安要素であり、アメリカ帝国主義のシンボルだ」と指摘されたらしい。

当時の国務長官キッシンジャーの答えが日本人にとって唖然とする中身。

「在日米軍は日本の軍国主義化を抑え込む役目を果たしている。

 日本の軍事大国化を抑え込んでアジアの平和に貢献している」

中国共産党が大いに納得したそうですよ(-_-)

いかにもキッシンジャー(=アメリカ外交の象徴)らしい「ダブルスタンダード」「二枚舌」。我が日本に言ってることが本音なのか、中国共産党に言ったことが本音なのか…実はどちらも本音なんだよな(^_^;)

 

なにせ、アメ公としては、アメリカの思い通りに動かない日本が怖い。

特に、キリスト教バリバリのアメ公には理解しがたい神道や天皇は不気味。

だから、思い通りに動く政府+財界+マスコミを日本で維持したがる。

そのための道具として冷戦時代まで「ソ連の脅威」や「中国の脅威」が唱えられ、その一方で右翼勢力が伸長しないよう「反戦平和教育」=「太平洋戦争は日本が一方的に悪い」「日本はアジアを侵略した」「朝鮮と中国に非人道的な行為を数々やった」と刷り込むことで、アメ公に都合の良い日本社会と世論が形成されるよう努力してきました。

ソ連が消えた今、そして中華人民共和国が事実上共産主義を放棄した今、日本の”暴走”(あくまでもアメ公の視点から見た日本の暴走)を抑え込める道具は大韓民国による反日侮日キャンペーンなのです。

「西早稲田」のネタをずいぶん前にもしましたけど、

あの「西早稲田」系諸団体の主義主張こそがアメ公の求める日本の姿を代弁しているとお考えください。今の日本人にはとうてい受け入れがたい主義主張だらけですが、アメ公はあの主義主張を日本人が受け入れることを望んでいるわけですね(@_@;)

ちなみに「西早稲田系諸団体は全部キリスト教系」という理由も、そういうこと。

 

アメ公は自分らの財政的負担を減らすべく、我が日本に「そろそろ自分で国を守ってくれないかなあ」という方向に露骨に向かっています。

安倍政権はその通りに動いてます(わかりやすい)。

それはそれで良いのだけど「アメ公の思い通り」という枠内なので、アメ公としては「在日米軍は不要です」と言われたくはない(^_^;)

横田&横須賀&三沢&座間にどれだけの大金を注ぎ込んで要塞化したやら?

日本政府が消えてなくなってもあれらの主要米軍基地は「米軍領土」として永久に残るでしょうね(^_^;)そんなアメリカ製インフラ資産である在日米軍基地をアメリカが手放すわけがないのです。沖縄の米軍基地も同じ構図。

アメ公は「在日米軍は不要です」と言われるのが一番怖いのです。

そういう意味で、中華人民共和国の貪欲な領土拡張主義とか北朝鮮のICBM開発なんてのはアメ公にとって「日米安保条約の必要性」をPRするのに最適!

我々日本人があっさりと「米軍基地はアメリカの既得権です」と認めてあげればアメ公も気が楽になるのでは?

そうすれば、アメ公が必死になって大韓民国のクソバカ丸出し反日侮日キャンペーンに肩入れする必要はなくなるし、あのうっとうしい西早稲田系諸団体の存在意義もなくなります。

 

当たり前ですが、我が日本は我々日本人自身で国土を守るべきです。

同時に、アメ公の権益も考慮してやらねばならない。

不毛かつ無益な「大韓民国による執拗な反日侮日活動」をこの世から消し去るには、コリアン・コネクションを完全無意味化すること、つまり「日本におけるアメ公の既得権を永久に認める」ことが最低条件のような気がします。

実際の話、アメ公が中華人民共和国や北朝鮮とどんな密約や秘密交渉をやってるか、我々日本人には解らないのですからね!

 

【参考:先月アメリカの特使が北朝鮮入りしてウォンサンで極秘折衝を行った形跡あり】http://honyakuka.jugem.jp/?eid=888

このネタの2週間後に、アメリカ国務長官ティラーソンが「独自ルートを通じて北朝鮮との対話を探っている」と発言。北朝鮮側に「北朝鮮の体制を転覆する意思はない」「北朝鮮への侵攻はありえない」などを示したとも発言。
ただし北朝鮮が「在韓米軍の撤退」の一点張りのため噛み合わなかった、とも。
我々日本人は今後、ずいぶん後になってこの秘密交渉の全貌を知る羽目になるでしょう。
ちなみに、この密使たちはソウル→在韓米軍基地経由で、38度線を越えて北朝鮮入りしたとみられます。世界中に張り巡らされている米軍基地ネットワークは「隠れ蓑」でもあるのですよ!

話ついでに、密使たちは「大韓民国がアメリカにとって必要かどうか」のチェックをソウルで行ってから北朝鮮入りした模様。彼らが「大韓民国は絶対に必要」と報告した形跡が無いので、やはり大韓民国は地球上から消え去る運命濃厚ですね(^_^;)「絶対に必要」なら、その旨を公言するはずなんですけど。
前述した「日本におけるアメ公の権益」同様、北朝鮮が「韓国におけるアメ公の権益(=在韓米軍)」を認めれば、北朝鮮とアメリカはすんなり合意に至るのです。

アメ公が米中国交正常化交渉の時のように「在韓米軍は日本の軍国主義化を抑え込む」などと北朝鮮に力説した可能性を否定できません(笑)

posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 韓国:地理人口&生活経済&政治 | 12:49 | - | - | - | - |
1 2 3 4 5 next>> 111PAGES