暦:赤印は新ネタ掲載日
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
国別通算読者数2011.2〜
free counters
日本の今風キレイ娘たち
読売&産経ニュース速報
最新ネタ5つ
過去ネタ 大雑把に分類
過去ネタ 掲載年月で分類
ネタ主のプロフィール
よそのサイトへ飛ぶ
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
出版翻訳はもはや食べれない? 出版社におんぶにだっこして翻訳料金を受け取るシステムは崩壊してます。翻訳者もリスクを背負って営業する時代なのです。
だいぶ前にネタにしたつもりだったのに、アップされてなかったm(__)m
こんなツイートが昨年末に盛り上がっていたようです。
翻訳家の年収120万円時代が現実のものになってるとは。
専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。

http://togetter.com/li/889292?utm_content=buffer0be44&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
bandicam 2016-02-27 13-52-25-926.jpgbandicam 2016-02-27 13-53-11-612.jpgbandicam 2016-02-27 13-53-33-112.jpg

以上のやりとりは本当です(ーー;)
今の翻訳世界の現実です(ーー;)

だから私も理系職を本業にして”兼業”しています。
翻訳は”割の良いアルバイト”ですよ、ホンマ(^_^;)
しかも、出版翻訳よりビジネス翻訳にシフトしてます。
出版翻訳はあのウットウしい韓流ものばかりで、しかも激安ですから。
韓国物はマニアにしか需要が無いので商売になりませんしね。

インターネットの普及で、翻訳ビジネス自体が斜陽産業なんです。
・自動翻訳機の発達:通訳機械は難しいが翻訳はコピペでオッケー!
・ネットでの無料翻訳サービスが当たり前になってる
・出版物の売れ行き激減:ネットの方が情報が早いしタダ!
・ウィキペディアのような他言語でのネタ提供サービスの存在

でも、まだまだ人間でなければ翻訳できない部分も多いのです。
だから、翻訳ビジネス手法を根本的に転換しないといけない。
アグレッシブな営業を展開しないといけない時代なのです。

「ややこしい権利関係や交渉は出版社に任せておいて、翻訳だけやっとればいい」という発想は捨てなきゃならない。

・原稿は現地で直接交渉して日本の出版社を介在させない
・訳した作品を直接製本してアマゾンなどで直売する
・翻訳したものを芸能界&テレビ界&映画界とタイアップさせる
・スポンサー専属や、売れっ子作家専属になる


私も実際にやりたいけど、
私は不幸なことに韓国語の翻訳家ですからね!

うそつき&詐欺が当たり前!
特に日本人に対して平然と詐欺を打って来る奴らが相手!

韓国ブームで調子こいて新羅人どもに騙されて借金まみれになって廃業したおバカ翻訳家はたくさんいます。
私が”転職”を試みたのも「大韓民国新羅人に会いたくないから」。
Kの法則を知ってれば”韓国語ビジネス”から手を引くのは当たり前。

【参考】
フリーランス向けの翻訳マッチングサイトがあるでしょ?
韓国語は酷いです。
不法滞在新羅人&朝鮮族が小遣い稼ぎのためにダンピング!
A41枚400円で引き受けてますよ。
挙句は、韓流おばさん上がりの韓国大好き倭人がボランティアで登場!
もうメチャクチャですわ(^_^;)

新羅語(=韓国語)はおそらく日本でも異常な世界だと思います。
中国語もそれに準じるクレイジーな世界と想像されます。
それ以外の言語の翻訳家はまだまだチャンスはありますって!
前掲した積極的な営業+リスク背負いで開拓していくチャンスがあります。
決して夢物語ではありません。
今の世界的な日本ブームは外国語のプロにとってはオイシイ。

ただただ、私のような韓国語やってる日本人はもうダメ(^_^;)
そもそも、現地へ出向く時点でやる気がなくなりますもん(^_^;)
反日侮日キャンペーンを草の根でやってくれた、おバカさ!
日本人相手なら詐欺を平然とやらかすロクデなさ!
不法滞在の連中がダンピングを仕掛けてマーケットを荒らしまくる!
「大韓民国新羅人の主義主張には無条件賛成します」という統一教会信者みたいな人間でないと韓国語ビジネスは無理!

そういうことで、
韓国語&北京語以外の人たちにはチャンスはまだまだあります。
整理します。
\儷謀に現地へ出向いて面白そうな作品を見つけて来る
∈酩覆遼殘について著者と直接交渉する
8⇒に出版社を介在させない形で出版する

 ・自費出版
 ・著者との共同出資
 ・スポンサーを見つけてくる:業界団体、芸能界、テレビ界
っ者の専属翻訳家となって原稿を独占する
ザ罰Δ悗稜笋蟾みも行って、ネットワークを広げていく


本当の話、私が韓国語でなければガンガン動いてます(^_^;)
じれったいから、他の言語のみなさんにアドバイスしているのです。
インターネットの登場と翻訳ソフトの普及は既存のビジネスモデルを破壊しました。
破壊したのだけど、次のビジネスモデルについては誰も完成できていません。

言えることは「出版社におんぶにだっこの翻訳家は淘汰される」
出版社を無視する方向で、
作品&作者を自分の翻訳に囲い込んでいくのが正攻法になりそう。
将来的には売れっ子&スポンサーのお抱え翻訳家になることです。

韓国語&北京語以外の日本人翻訳者にはまだまだ道があります。
韓国語ってホンマにおカネになりません!
「Kの法則」は韓国語やってる外国人全員が実感してます。
posted by: 大北章二(おおきたしょうり) | 通訳業界・翻訳業界 | 16:46 | - | - | - | - |
1 2 3 4 5 next>> 22PAGES